読書週間とは?子どもにも分かりやく伝えたい由来や意味をご紹介‼

日本の行事
スポンサーリンク

秋になると、よく「○○の秋」というフレーズを聞き、色んな事を楽しむには、最適な季節です。その中に、「読書の秋」もありますよね。
子ども達が色んな本に触れ、本から得られる楽しみを感じたり、学んだり。子どもだけでなく、大人も読書に親しみを持てるように取り組まれている読書週間。

ここでは子どもに、「読書週間はどんなこと?」と聞かれたときに、きちんと答えることが出来ますか?
これからの時代を支えていく平成、令和時代の子ども達へ、しっかりと意味を伝えられるように、「読書週間」についてご紹介します。

読書週間とは

読書の日は、1947(昭和22)年11月17日~23日に行われましたが、翌年の1948年(昭和23年)からは、10月27日~11月9日の2週間に制定されました。

読書の力によって、平和な文化国家を創ろうとする日。

本から学ぶこと

読書週間は、色んな本への共感や関心を持ち、自分で本を見たり、読める人から読んでもらったり、絵から広がる世界を楽しんだりすることが出来ます。そして本や絵本は、精神状態を安定させる魔法のグッズでもあるのです。

絵本の中の世界に入り、様々な心を教えてもらう事が出来ます。好奇心や創造力、思考力、学力向上など、様々な事が見いだされたりもします。

大事な5点の読み聞かせ

色んな絵本を読んでみよう。

読書週間には、色んな本を読んでみたり、読んでもらったりして楽しみましょう。本と言えば、図書館。たくさんの種類の本が並んでおり、自分に合う1冊を見つけることが出来ます。


秋の読書を楽しもう。

絵本には、たくさんの要素が詰まっており絵本から、好奇心が育まれ、想像力、語彙力など、生きる力も養うことが出来ます
読書の日は色々な本に触れたり、本から広がる世界を楽しんだりする機会を持って、色んな親しみを味わうことをオススメします。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
*ポチッ*としていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

コメント