1月のおたよりに使える文例と内容

おたより
スポンサーリンク

園では、毎月お便りが保護者の方へ配布されています。お便りの内容は、行事や子どもの達の成長、出来事、お知らせなどが記載されており、どこの園でも欠かせない物となっています。アナログからデジタルへと移り変わった園もあるかと思いますが、先生の作成は昔と変わらず必要です。

お便りを書くことは、行事が多い先生の中では悩みの1つ。色んな事を考えなければいけない上に、お便りを書くことはすごく気を遣います。お便りの書き出し部分は、最初に目を通す部分となるので、気を遣ってから書くことで定型文を書いてしまいがちにななったり、文章が浮かばない・・・と悩んでしまう先生もいます。
書き出しは、季節感を出して書くことで相手が共感します。しかし、定型文だけでは今の季節とは多少違う内容となることもあるので、読み手からは違和感を感じる事もあります。

ここでは、1月の「お便り」に使える文例と内容にコロナウィルス感染症の事を踏まえてまとめてみました。
お便り作成がはかどるよう、以前私が作成していた内容を元に紹介します。

私が勤めていた園では、月の終わりの日に翌月のお便りを配布していました。1月のお便りは保育納めの日に配布し、新年の抱負などを記載していました。

お便り作成のポイント

お便りを作成のポイントは、つまり「伝えること」です。
保護者の方へ、行事や子どもの達の成長、出来事、お知らせを明確に伝わりやすい文章を心がけることが必要となります。

<POINT>

  • 季節感を取り入れた書き出し文
  • 季節感を取り入れたイラスト
  • 伝えたい子どもの様子
  • お知らせ

保護者へ伝えたい事をまず簡単に、メモやテキストボックスの中に埋め込んでおきます。それから、作成に取り掛かることでスムーズに取り組みやすくなります。伝えたいことが決まると、より具体的な内容を記入しやすくなります。

仕事で忙しく、お便りを見落としてしまう事もありますので、大事な部分は、色を付けたり、字の大きさを調整したりして、パッと読んだだけで伝わる書き方が好ましいと思います。

12月の「お便り」に使える文例と内容は コチラ

2月「お便り」に使える文例と内容は コチラ

季節感あふれる文例の書き出し

  • あけましておめでとうございます。みなさんの初夢は、どのようなないようでしたか?どんな夢でも、これから色んな事が待ち受けている2021年。新たな年の始まりをみんなで楽しんでいきたいと思います。
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。残り3か月のクラスとなりましたが、牛の歩みのようにゆっくりと、色んな事が出来るようにサポートをしていきたいと思います。
  • 子ども達の元気な「あけまして、おめでとうございます」の新年の挨拶は、冷たい空気を一瞬にして温かい空気に換えてくれました。今年も、子ども達の溢れんばかりの笑顔に助けられながら、楽しい年を過ごしていきたいと思います。
  • 久しぶりの登園で、友達と嬉しそうに話している子どもたちの姿を見ながら、微笑ましい光景に心が穏やかになりました。今年も、健康に大きく成長する子ども達の姿を楽しみに過ごしていきたいです。
  • 子ども達が大好きな、昆虫たちは今もまだ冬眠中です。土の中で眠っている虫たちに早く会いたいな~と、寒い日でも、子ども達は土をいじっています。
  • 楽しいお正月を過ごされたでしょうか?元気に登園してきた子ども達の姿を見ると、嬉しく感じます。正月の出来事を、色々聞かせてくれる子どもたち。これからも、子どもの話に耳を傾けてじっくりと聞いていきたいと思います。
  • 冬の本格的な寒さの中で保育士の背中は丸まっているけれど、子ども達は元気に園庭を走り回っています。「子どもは風の子」その姿は、いつの時代でも変わりませんね。
  • 家族や親せきの方に会ったり、初詣に出かけたりしてたくさんの人に触れ合った子どもたちは、たくさんの出来事を嬉しそうに話してくれます。園生活も残り3か月となりましたが、一人ひとりが楽しく充実した日々が行えるように過ごしていきたいと思います。
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は、どんな年になるのでしょうね。色んな事を思い浮かべますが、昨年のコロナ禍が今も続いていますので、何が起こるか分からないことが、本音ですよね。いつどこで何が起こるか分からない状況でも、子ども達の笑顔を絶やさないで、コロナ禍の中でも子どもが楽しめることをしていきたいと思います。
  • 凛とした空気の中で風花が舞い、いつもより静かな新年を迎えました。今年の冬は、厳しさに加えて、乗り越えなければいけない困難な状況が続いています。新しい生活様式にも慣れてきましたが、一日も早く、マスクを着用したりソーシャルディスタンスを取らないでもいい以前のような暮らしに戻ってほしいですね。
  • 今年は、どのような目標を立てるのでしょうか?目標に向かって小さな体で立ち向かう姿を見ると、たくさん応援したくなりますね。それぞれの希望が実現することを信じて、健やかな1年となりますよう願います。
  • 令和3年がはじまりましたね。今年が子ども達や保護者の方にとって良い年になります事を心から祈念しております。コロナ感染者の数が今年に入って増加し、心配でなりませんが私たちに出来ることは、感染対策を予防しながら過ごしていくほかありません。私たちもいつ感染してもおかしくない状況におかれているので、もしもの事のためにそなえておくことが大切であることを日に日に痛感しております。
  • 昨年はコロナ禍の影響で、思う存分遊べる場所や機会が減って寂しい思いをしましたが、季節は止まることなく2021年が始まりました。
    山を見渡すと木々が白く染まり、日本の四季を表す冬景色が広がっています。
  • 日本の四季を色で表すと春は青春、夏は朱夏、秋は白秋、冬は玄冬と言われていますが、まさに今は玄冬の名にふさわしく、日が暮れるのが早く、すぐに真っ暗になってしまいます。
  • 2021年の干支の牛のように、子ども達の愛がぎゅうーっと詰まった、のんびりゆっくりと過ごしていきたいんですね。
  • どんな時も呑牛之気(どんぎゅうのき)。職員一同、子ども達にたくさんの愛を注いで、たくさんの経験や体験、発見を共にしながら過ごしていきたいと思います。
  • 当たり前に過ごしていた生活からガラリと変わった昨年。新しい生活スタイルにも慣れ、人と思うように触れ合うことを余儀なくされたことから、今年はたくさん触れ合える機会が増えるといですね。
  • コロナウィルス感染症から1年が経ちました。今年も、様々な事が状況によっては延期や中止となる可能性も出てくるかもしれませんが、引き続きご協力をお願いします。
  • 新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザやノロウィルス感染症が広がりやすくなります。園では、子どもたちの健康管理・安全対策には十分気を付けていきたいと思います。

1月の書き出しの文例は、正月干支を取り入れながら書いていくと読み手が共感し、季節を感じることが出来ます。
また、「明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします」などの、年始の挨拶を添えることもオススメです。

<新年の抱負>
1月は、各クラスで新年の抱負を取り上げることもオススメです。
園だよりでは、全クラスの抱負を記載し、読みたくなるようなテーマを取り上げて、各クラス書くことも楽しいです。

例)テーマ「花」
きりんぐみ・・・・どんなことがあっても、また立ち上がるタンポポのように、何度も経験して色んな事を楽しんで過ごしていきたいと思います。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

例)テーマ「四字熟語」

ぞうぐみ・・・愉快適悦(ゆかいてきえつ)子ども達が、楽しい!面白い!と思う出来事をたくさん取り入れて、子どもの笑顔が溢れる年にしていきといと思います。今年も、宜しくお願い致します。

他にも、ことわざ・樹木・色など探すと、たくさんあります。
ぜひ、このような「テーマ」を取り入れた新年の抱負のお便りもオススメです。

クラスの活動内容や行事

クラス便りや園だよりでは、内容は別の事を記載します。園だよりに載せないクラス内の活動報告を記載しましょう。テキストボックスをいくつか用意しておいた中に、クラスの目標や、今月の歌、今月の活動などを記載していきます。

日頃の、クラスでの生活や活動(制作や体験)に関する事や、行事の準備をしている内容、または実施した様子やその後の事を感想として載せてもいいです。
ただし、行事予定などの内容は、別紙で詳細することが一般的です。

<1月> 

正月

  • あけましておめでとうございます。正月は、どのようなお節料理を食べられましたか?お節料理には、色んな意味が込められているのはご存じですか?

子どもにも分かるお正月は コチラ

  • 昔から、1年間健康に過ごすため1月7日の朝に「七草粥」を食べる習慣があります。

伝承遊び

  • 昔から伝わる伝承遊びが日本にはあります。お正月遊びの羽子板は、商売繁栄の縁起物で知られています。また、福笑いは新年の福が込められているとも言われています。子ども達にも、伝承遊びを通して昔の遊びを楽める環境を作ってあげたいと思います。

子どもにも分かる伝承遊びは コチラ

「お知らせ」「お願い」があれば、記入しましょう

保護者の方に、お知らせしたい事があれば記入して伝えることが必要となります。先ほども伝えましたが、持ち物に関しても、大事な部分は、色を付けたり、字の大きさを調整したりして、パッと読んだだけで伝わる書き方が好ましいと思います。

1月のイラストは?

おたよりには、季節感を出した文章に加えて、イラストも季節の物を使うことが定番です。1月のイラストは、正月、干支、冬の植物など。

イラストは検索するとフリー画像がたくさん見つかるので、おたよりの内容に合わせて配置を整えながら探してみてください。

まとめ

1月の「お便り」に使える文例と内容はいかがだったでしょうか?
書き出し文は、季節感を出して書くことで相手が共感します。文章を書くとき、パッと読んだだけで伝わる書き方を工夫しながら、敬語に気を付けて書いていくようにしましょう。毎月、おたよりを書いているとマンネリ化する事がありますが、その月の行事や今起きている社会現象を添えて書くことで、書き出し文は新しい文章を書くことが出来ます。
「お便り」の、書きやすい文章の参考になると嬉しいです。

最後まで読んで頂き ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
*ポチッ*としていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

コメント