9月入学となれば

子どものこと

9月入学となれば、どうなるのでしょう。
今、小中高のお子さんがいる家庭では気になっていることの1つだと思います。
新型コロナの影響は、子どもたちの社会においても衝撃を与えています。
コロナの、影響で様々な学校生活における活動が次々に中止。
3月から一斉休校に宣言を受けたあとも、4月5月と休校を宣言された場所も多くあります。
毎月突然の宣言で休校の繰り返し・・・
さまざまな場所で、いつ収まるか分からないコロナウィルスの影響で、
学校生活が短くなるよりも、9月新学期を始める方がいいとの声が
署名や評論家 専門家などで取り上げられています。

 

我が家も その中に当てはまります。
熊本も5月31日まで 休校となりたくさんのプリントを持ち帰ってきました。
オンライン授業も平日は 開催され「すごい!」平成時代にには考えもしなかった。。。
大人の方がいる家庭では 安心だとは思いますが、
子どもだけで日中過ごしている家庭もいるかと思います。
子どもたちの 心のケアを第一に考えてほしいですが、
今は 感染拡大を防ぐためには 自粛の方法が1番です。
6月に学校開始となれば 学力の差が出てくるのでは?と不安もあります。
学校行事も 詰め込み授業となるでしょう。こうなると 教師はもちろん子どもたちの
負担も多くなると感じます。

それにしても、5月中に″コロナ”が収まるとは限られません。
もしかしたら、再び休校宣言が出るかもしれません。そうなる事を考えると

9月入学において メリットやデメリットもあると思いますが、私なりに少し考えてみました・・・

 

メリットは?

・3月から自粛生活を余儀なくされている学生に対して 5月から始まる学校と6月から始まる学校間の学力の差がなくなる。
・3月からの自粛期間 失われた学校生活が戻る(学校行事など)
・コロナの影響で 再び6月休校宣言を受け学校生活が遠ざかり ますます詰め込み授業となる(コロナがもしかすると第二波がくるかもしれない…そればかりは 誰も想像できない)
・世界と足並みが揃い、グローバル社会への進出がしやすくなる(留学など)
・2020年からプログラミングの必修化において、オンライン指導で慣れやすくなる。 城井議員が指摘しているように「ホームスクリーング」が普及されると、日本では災害が多いので災害が起きた時の対応、教育現場において大きく変わると思います。

デメリットは?

・日本古来の”桜の季節”の 入学、卒業ができなくなる
・早生まれの時期が変わる可能性が出てくる
・同じ学年だった友達が 学年が変わってくる (小学1年生として入学する際…6歳となった翌日以降に4月1日を迎えることが条件。その学年の最初の誕生日は、4月2日となることが学校教育法の第一章に記載)
・9月新学期開始となると1年半の学年生活となる
・学校関係者や今年入学 卒業予定だった子どもたちにとっては混乱を招く可能性がある。(特に学校関係者は4ヶ月の準備期間となるので 難しくなる)

 

まとめ

以前から、9月入学の案は出ていました。
ですが、四季を大切にしている日本人。桜の季節から遠ざかり秋に入学は…おかしい…
と意見があり、伸ばし伸ばしとなってきていました。
以前の私だったら、桜の季節が入学にふさわしいと言って反対でしたが、
グローバル社会への影響や世界を見ると、今行うべき行動は必要かもしれません。
海外への留学や日本への留学など、受け入れやすくなるでしょう。
学校教育においての、学力の差を広げないためには「9月入学」に取り組むべきだと思います。
学年などの問題が出てくるかとは思いますが、いずれにせよ「9月入学」へ移行をするのであれば、今年がチャンスだと思います。
9月入学が早期の決定となると、半年間の準備期間は持てるのでいいと思います。小学生のこどもは「え~‼友達と学年違うじゃん・・」と寂しそうです…そのような、心のケアも必要が出てくる問題はあるかもしれませんが、柔軟に対応していける事を願います。

*最後まで読んで頂きありがとうございました*

ブログランキングに参加しています。
*ポチッ*としていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

#stay home
Let’s do what we can do now to return to a happy life

「幸せな暮らしに戻るため 今できることをしよう」

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました