幼児教育について

子どものこと

3歳くらいまでには、脳の構成が作られるといわれています。3歳くらいになると、言葉を話すようになり、集中して絵本を読んだり、遊んだり、制作などにも取り組む事ができるようになります。子どもを取り巻く環境の変化により、「幼児教育」が普及されてきました。
そこで、幼児教育は一体どういうことなのか、簡単に説明したいと思います。

幼児教育ってなに?

先生、幼児教育って子どもが勉強をすることなの?

幼児教育はね~

幼児教育」・・・生きる力を育むことを目的として、(1、家庭)、(2、保育園・幼稚園・こども園)、(3、地域)の方が、幼児が成長するにあたって環境をつくること。

  1. 家庭・・・愛情ある関係の中でしつけを伝え、幼児の成長の最も基礎となる心の基盤を形成する場所
  2. 園・・・家庭での生活を基盤にして、家庭では経験できない、人間関係や社会・文化、豊かな感性を広げていく場所
  3. 地域・・・様々な人々と出会い、交流や自然に触れての体験を得られる場所。

第1章 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の方向性 参考文部科学省

 

幼児は身近な環境に主体的に関わる中で、生活や遊びの経験を通して心と身体が発達していきます。様々な物このに対する見方や、感じ方の土台が作られていくのも幼児期です。幼児期の時の経験が、「生きる力」をの基礎となるのです。

幼児教育について

学習の基礎をつくる・・・幼児教育によって基礎知識を知ることができるのです。幼児教育は、小学校へ入学する前に勉強をしておかなければいけないことが目的ではありません。幼児教育で身に付けたことを生かしながら学習等の学びにつなぎ,子どもたちの資質や、能力を高めていくこと。
学習がスムーズに学べるように幼児教育は、小学校での学習の基盤をつくり「知識・技能、思考力・判断力・表現力」を養います。

生きる力

日常生活の中から、幼児はたくさんの事を学んでいます。「生きる力」を養う場所は、日常生活の中にたくさんあふれているのです。保育教育現場では「学習指導要領」が指針となって教育をしています。
「生きる力」とは、子どもが自ら学び、計画をして、問題を解決していく能力のことです。つまり「プログラミング的思考」が、「生きる力」の土台になっているのです。

生きる力が必要

目まぐるしく社会の変わりとともに、幼児期の過ごし方にも変化が見られるようになりました。これからの時代には、自分自身で考え、実行して、問題を見つけ、再び実行する。そのようなやり方の基礎を幼児期からしっかりと学ぶことで、社会に出て能力を発揮することが出来るようになると思います。どんな困難にも、自分で解決しようとする力こそが、「生きる力」なのです。

家庭で学べる幼児教育の教材

これから家庭で学べるる「幼児教育」におすすめな学習教材を3つピックアップしてみました。学習教材ですが、専用タブレット端末を利用する教材や、自宅にあるタブレット端末で学べる学習教材を紹介します。
それぞれ、気になる教材があればクリックしてみてくださいね。

  • 「ワンダーボックス」  

{ワンダーボックス}
ワンダーボックスは、思考力を育てる「STEAM教育」を取り入れている教材です。

「STEAM教育」は、これからの時代に必要となってくる教育です。
ども達にとって知的なわくわくを教えてくれる、考える力が育む教材を生み出している教材です。算数がもたらす楽しさや面白さを教えてくれ、様々なミッションに挑戦し挑戦したことがプラスとなり自信につながります。
今後の教育に、「STAME教育」の導入が推奨されいる教育方針の1つです。
*自宅にあるタブレット端末での利用
*デジタル教材だけではなく、アナログ教材もあります。



  • 「AmazonFreeTime  Unlimite」

AmazonFreetime Unlimited}
Amazonが販売した、子供向けのアプリ。専用のFireタブレットでの使用です。子供向けの書籍や、ビデオ、なども見れます。利用時間の制限や、学習時間の設定などの管理ができます。子どもの年齢によってコンテツの内容が変わっており、英語の学習も充実しています。年齢にふさわしい学習教材であり、子どもたちが喜んで取り組む事ができます。
*年齢別に学習アプリで学ぶことが出来る。
*たくさんのコンテツが含まれている。

  • 「スマイルゼミ」

{スマイルゼミ}

専用タブレットで、総合的に学習が出来る教材。小学校までに身に付けておきたい、「ひらがな、カタカナ、かず、英語」などが導入されています。「本日のミッション」があり、取り組むべきことを知らせてくれるので、ミッションを解こうとやる気をもたらせてくれます。
*専用タブレットあり
*デジタル教材だけではなく、DVDや、好奇心を育む教材がある。

まとめ

幼児から学べる教材は、以前に比べると様々な物が普及されています。タブレットに触れる習慣もこれからは、必要となるでしょう。子どもの興味を引き出す学習は、子どもの好奇心や思考力、創造力、知識力、感性、など養うことが出来て、「学ぶ力」の土台となります。「学ぶ力」を付けると、自然と「生きる力」が身に付いてくるのです。遊び感覚で必要な知識を学ぶことは、子どもの脳にも吸収されやすく、期待がもてますね。
幼児教育で「生きる力」の基盤を作り、自分自身で考え、実行して、問題を見つけ、再び実行する。それらを繰り返しながら、小学校での学習をスムーズに取り組めるような学習教材をさがすことがおすすめです。

*最後まで読んでいただきありがとうございました*


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました