ホワイトデーとは?子どもに分かりやすく伝えたい由来や意味をご紹介

日本の行事
スポンサーリンク

古くから日本は、行事を大切に執り行っていました。
ホワイトデーの日には、男の人から女の人へ「バレンタインデーのお返し」として知られています。日本でも、2月のバレンタインデーが終わる店頭にはたくさんのホワイトデーにちなんだ商品が並んでいます。今では、色んなモノが置かれていますよね。

ここでは子どもに、「なんでホワイトデーには、お返しをするの?」と聞かれたときに、きちんと答えることが出来ますか?
これからの時代を支えていく平成、令和時代の子ども達へ、しっかりと意味を伝えられるよう「ホワイトデー」についてご紹介します。

子どもにも分かる バレンタインデー

ホワイトデーとは

毎年、3月14日はホワイトデーです。

バレンタインデーにもらった男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性へ贈る日のこと。

ホワイトデーは、バレンタインデーのお返しをする日

バレンタインデーが盛んになった1970年代。その後、お菓子のメーカーがそれぞれ、バレンタインデーのお返しを実施し、1980年には全国広がりホワイトデーが定着したと言われています。

ホワイトデーという名前は、 当時3月14日に誕生したキャンディーの材料である砂糖が白色であったことや、ホワイトには「純粋なシンボル」「清純」などが込められていることから付けられたそうです。

ホワイトデーは、日本だけ

近年では海外でも、ホワイトデーが普及されるようになってきていますが、日本人は、昔から貰ったらお礼を返す習慣があり、ホワイトデーは日本のみの独特の行事だったそうです。

気持ちを込めてお返しをしよう

今ではバレンタインデーでは、想いを寄せている人だけではなく、家族やお世話になっている人、友人などに気持ちを込めて届けるようにもなったことから、男性だけではなくバレンタインデーに貰った女性も、お返しをする事が多くなってきています。

贈る人への気持ちを込めて、素敵なモノを選んでお返しすると、喜んでもらえます。それぞれの想いを込めて、素敵なお返しができるといいですね。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
*ポチッ*としていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

コメント