8月におすすめ絵本

生きる力
スポンサーリンク

8月になると全国各地で高温となり、暑い夏となりますね。
「夏」と言えば、かき氷、すいか、水遊び、海、ひまわり、お盆、夏祭り・・・。と、色んな事が浮かびます。また、台風や年々、集中豪雨が発生しやすい時期にもなっていますね。
「夏」は暑くて外へ出ることがなくなり室内の涼しい場所で過ごしたくなりますが、様々な経験をして自然を満喫して「生きる力」を育んでほしいです。

子どもに優しい絵本の世界

「夏」をテーマに、わくわく楽しめる本を集めてみました。
「夏」ならではの、楽しみを感じられる絵本。
内容が易しい0歳児向けから5歳児向けまで、おすすめの絵本を順番に紹介します。

0歳児

*がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん*

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

楽天ブックス Amazon

本体価格 800円 + 税

赤ちゃん絵本として読み継がれている「がたんごとんがたんごとん」の続編の絵本。がたんごとんがたんごとん リズミカルな口調で読むと、自然と体を動かして喜び、夏ならではの物が乗車していく季節感を味わうことが出来て楽しめる絵本です。

1歳児

*うさこちゃんのてんと*

うさこちゃんのてんと

楽天ブックス Amazon

本体価格 700円 + 税

  • 作・絵:ディック・ブルーナ
  • 出版:福音館書店

うさこちゃんシリーズの絵本。お母さんが優しくうさこちゃんの、要望を聞き入れてくれる心温まる絵本。夏ならではの、テントを張って過ごすうさこちゃんの楽しそうな姿は読んでいて、穏やかになる1冊です。

2歳児

*ひまわり*

楽天ブックス Amazon

本体価格 900円 + 税

  • 作:和歌山 静子
  • 出版:福音館書店

1粒の種から生育する「ひまわり」生命の強さと、成長を見届ける内容が込められている絵本。単純なことの繰り返しですが、その繰り返しが子どもの好奇心をもたらすお話です。「どんどこ」とのリズムに楽しみ、縦に伸びていくひまわりの迫力が絵からも伝わります。

3歳児

*10ぴきのかえるのなつまつり*

10ぴきのかえるのなつまつり

楽天ブックス Amazon

本体価格 1117円 + 税

  • 作:間所 ひさこ
  • 絵:仲川 道子
  • 出版:PHP研究所

「どじょうじいさん」をいたずら坊主から救って、ひょうたん沼まで運ぶ大冒険のお話。途中、ザリガニや蛇が出てきて・・・カエルたちがどじょうじいさんをどうやって運ぶのか興味が持てる楽しみな絵本です。

4歳児

*おぼん ぼんぼん ぼんおどりの日!*

おぼんぼんぼんぼんおどりの日!
楽天ブックス Amazon

本体価格 1400円 + 税

  • 作:ますだ ゆうこ
  • 絵:たちもと みちこ
  • 出版:文溪堂

「お盆」や「盆踊り」「供え物」などお盆にまつわる知識を絵本で分かりやすく教えてくれる絵本。お婆ちゃんが亡くなって悲しいこなつですが、お婆ちゃんの微笑ましい話を聞いて、立派にお成長するお話です。

5歳児

*たいふうどうするの*

たいふう どうするの?

楽天ブックス Amazon

本体価格 1300円 + 税

  • 絵:せべ まさゆき
  • 監修:国崎 信江
  • 出版:金の星社

非難する時に必要な物がかわいらしいイラストで描いてあり、子ども達にわかりやすい文章で、台風をはじめとした天候による災害について描かれた絵本です。日本のは台風や集中豪雨が発生しやすい国。幼児の頃から、災害について学んでおくことに越したことはない1冊です。



絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

おわりに

いかがだったでしょうか。
「8月におすすめ絵本」をご紹介しました。
各年齢に発達、個人差はバラバラですが、色んな視点で、子ども達が楽しめる絵本を選んでみました。年々、集中豪雨や台風が続く日本ですが、絵本の世界から「夏」の楽しさや、「災害に備える方法」を教えてもらい、夏ならではの遊びを子どもたちにも体験させていきたいですね。
絵本は、幼児教育で必要な「生きる力」の見本となり、子ども達に色んな事を教えてくれます。また年齢が上がるにつれて、集中力、想像力、発想力、感受性も養うことが出来ます。
「絵本のある暮らし」を取り入れて、子どもの好奇心や思考的能力を掴んでくことをおすすめします。

「8月」が楽しくなるような絵本をぜひ手に取ってみてくださいね。

最後まで読んで頂き ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
*ポチッ*としていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

コメント